●やかまし村の形態

2017/07/17


やかまし村の形態

やかまし村を紹介します

■名 称/学校法人仙台みどり学園 幼保連携型認定こども園やかまし村

■理事長/安藤 正樹 (尚絅学院大学子ども学科准教授・全日本独楽回しの会会長)

■園  長/小島 芳

■所在地/981-3124  宮城県仙台市泉区野村字東原屋敷3-2
■TEL/022−739−7456
■FAX/022-739−7457
■Mail/yakamashimura@ab.auone-net.jp
■URL/http://yakamashimura-sendai.com/

■開園時間/ 7:15 ~ 19:15 (土曜7:15~18:15)
■休園日/日曜・国民の休日・年末年始

沿革
みどりの森がある場所は、大正時代から子どもたちの場所でした。
通町小学校に通う子どもたちが学校に連れてくる弟や妹たちのために
託児所を開設したのが、その始まりです。
その後、幼稚園となり歴史を刻みましたが、
1996年に子どもの数の減少から休園となりました。

しかし、歴史のある幼稚園の火を消したくないとの思いから、
2000年4月より新たに『みどりの森幼稚園』と名前を変えて、
子どもたちの場所に帰ってきたのです。
2015年「子ども・子育て支援新制度」の施行にともない
『幼保連携型認定こども園 みどりの森』に生まれ変わりました。
そして、2017年4月泉区野村に認定こども園 やかまし村』が開園しました。
野村の地で新たな歴史を作ります。

2つの園を持つことになり職員の数も大幅に増えましたが、
設立時からの思いは、いっさい変わることなく生き続けていきます。

 

-未分類